« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月

2011年11月21日 (月)

カンシャトユウジョ~!

Photo

合言葉は「感謝と友情」。16年前の大震災から見事に復活した神戸から、3.11で被災された人たちにエールを送ろうと、第1回神戸マラソンを走ってきました。

記録は3時間28分台と平凡ながら、大阪マラソンから中3週と、故障持ちの自分には結構ハードなスケジュールでしたが、スタートからゴールまで、東京、大阪に勝るとも劣らない、素晴らしい沿道の応援と、港町特有の強風の背中を押され、久しぶりにラストスパートをかけれる楽しいレースでした

大阪マラソンレース当日と同じように、午前3時40分頃、雨の音で目が覚める。

週間天気予報も雨から曇り、前日には晴れ間ものぞくまでに回復傾向だったので、心配はしていませんでしたが、どうやら風はきつそう。スタート前の待ち時間に体が冷えないように、100均でgetしたカッパの上下をバッグに追加して準備完了。

現地には1時間40分前に到着しそうだったので、スタート前のトイレ渋滞のストレスを考慮して、芦屋で途中下車。駅前のマクドでコーヒー飲んで時間調整。ここでゆっくりと着替えとトイレを済ませいざ出陣。芦屋から三宮に向かう電車はランナーの活気が漲り、遅ればせながらテンションが上がっていきます。

スタート40分前にスタート位置に並ぶが風が強く、100均カッパが威力を発揮ヘタにアップをして体が冷えたら元も子も無いからネ~

スタート15分前に応援に来てくれた「第一村人」クミちゃんを発見「須磨辺りで待ってます」の声をもらい、10分前に被災者への黙祷をささげ、さ~42.195キロのハジマリハジマリ~

ガス欠で不甲斐無い走りとなった大阪でしたが、レース後のハムストの張り具合がなかなかとれず、いつものパターンだと、ここで無理をすると爆弾が破裂して全治2ヶ月くらいの肉離れを覚悟してたので、途中のリタイアも念頭に、いつも以上にテーピングも入念にして、恐る恐る、実は今回、生まれて初めて「電車賃」の1000円札を靴底に忍ばせてのスタートでした。

GARMINのラップを刻むバイブがキロ4分45以上にならないように、アップがてら抑えに抑え走りはじめるが、向かい風が思った以上で体がなかなか温もらない。

いくつかのカーブを抜け、鉄人28号を横目に新長田を抜け、ようやく汗をかき始めた頃、ZOO画伯が書いてくれた、ジャックダニエル似顔絵ポスターをもって応援してくれていた、第2村人はミム&カヨ夫婦でした。ミムちゃんの幼なじみが初フルを走るとのことで、朝の早くからわざわざ奈良からかけつけてくれました。

その後は須磨の海沿いを淡々と西へ西へ。やっぱり天気のいい海沿いを潮風に吹かれながら走るのは気持ちがエェねいつもは遠い須磨が、こんなに近いとは思わんかったワ~

そうこうしてるうちに、あっというまに明石海峡大橋が近づいてきて、舞子公園で折り返し。ここも人、人、人で凄い声援に元気付けられる。そうしてちょうど中間点を過ぎた辺りに第3村人軍団発見なんと、ハルヒとカイリが応援に来てくれていました

大阪マラソンの応援風景をテレビで見た長女が、どうしてもそれを実感したいと言い出し、我が家のヨメと、ボウズとその彼女のを連れてわざわざと。ハーフを過ぎてそろそろ気持ちがたるみだしたところなので、元気100倍チャージされて、気持ちよく後半戦に突入できました。

その後、30キロ手前で萎えかかったきたころに、再びミム&カヨに元気をもらい、30キロをすぎたところでは思わぬ第4村人発見。堂島会所飲み仲間の「大ちゃん」が自慢のロン毛をなびかせながら手を振ってくれました。(そういえばこの辺が地元やった)

今回も多くのコスプレランナーがレースを彩っていましたが、ちょうど30キロすぎのこの区間、自分のすぐ後ろを「彦ニャン」が付かず離れず。それを見た沿道の方達から「ワァ~彦ニャン、可愛い!」「ガンバレ滋賀~!」。それがちょっと鬱陶しくて(彦ニャンゴメン)、そこから用意していたipodを装着セッチャンとミスチルのメドレーで最後まで気持ちを切らさないで走れました。

その後ハーバーランドで第一村人・クミちゃんと再会し、最後の難関、神戸大橋につながる浜手バイパスの上りにさしかかる。さすがにここまで来ると脚に来て歩くランナーが多かったけど、不思議と自分はいつになく元気で、トットコトットコ、マイペースで駆け上がる。神戸大橋手前の最後の登りの手前で、〇日新聞写真部のヤギ君を発見!「ヤギ~!」と声をかけ、気付いてくれた彼が撮ってくれた写真が冒頭の写真。さすがプロの撮った写真やけど、我ながらエェ表情してるやん

ここを下りきりポートアイランドに入って残り4キロ。ここの風が今回一番キツカッタそれこそ止まりそうな強風で必死に体重を傾ける。そんな残り3キロ地点。ここで最後のラストスパートをかけるべく、前方に標的をROCK ON

そのランナーは某有名サイクリングチーム、〇ルベストのジャージを着ていて、こちらもzippyマークをウエアに入れた腐ってもサイクリストの端くれ。負けられない世界がある(そんなオーバーなもんか)と、最後の力を振り絞ってのゴールでした

ゴール後すぐに自分の名前を呼ぶ声に目を向けると、第5村人のシバタさんが、奥様と一緒に待っていてくださり、満面の笑みで写真撮影。寒い中有難うございました。

そんなこんなで、今回も大勢の方々に支えられ、無事に42.195を走り終えることができました。ゴール後にtwitterで呟こうとしたら、たくさんの友達がwebで途中経過を気にしてくれたようで、TLをみて大感激ホントに有難うございました。

今回、最初から無理をせずにキロ5分以内に抑えて走れたことで、最初の抑えとイーブンペースがいかに大事かを再認識したためになるレースでした。

脚が万全なら、まだまだ上を狙える自信にもつながったので、しばらく休んで修行を積んで、再挑戦したいと思います。

自分は全てにおいて楽しいレースでしたが、聞くところによると最後の方のランナーは給水所の水が不足していたとか。これを教訓に第2回以降、さらなる素晴らしい大会になることを期待します。

最後に神戸マラソンを走った1ランナーとして小言を2,3。

※スタートの整列時に横入りが多かった。寒いのに早くから並んでいる人もいるのに、後からきてヒョコット列に入るのは最低!東京、大阪はその点チェックが厳しかった。ましてや陸連登録者の列に一般ランナーがヨウケ居てたんはありえへん

※前半から須磨辺りのコースの道幅がとても狭かった。自分達くらいのまでのランナーには支障はないが、制限時間7時間にするからには、それ相応のランナーの力量を考慮すべし。

※ゴール地点がわからなかった。最後の長い直線、あと2メートルほどゴールゲートを高く上げてくれれば「あともう少し」の頑張りにつながるはず。

PS 当日万歩計をポケットに忍ばせて走った結果、家を出るときから帰ってくるまでに計測された歩数は

Image1251

デワデワ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

イチサンロクイチ~!

11月も半ばを過ぎ、さすがに「夏日」の日はなくなり、朝晩の冷え込みで風邪をひいてマスク姿の人もチラホラ。それでも近場の紅葉はまったくダメなようで、○Kタクシーで京都の観光客のハイヤー専門の、家の向かいのパパは「商売上がったりですワ~」と嘆いてはりました。

今年もここ数年の流れだと、夏から冬ってパターンやね。

16日の水曜日はハルヒのお遊戯発表会があったようで、ハルママと我が家のヨメは前の晩からソワソワ、バクバク。普段から先生の言うことを聞かないコマッタちゃんですが、なんとこの日はチューチューネズミを見事に演じきったようで、カアチャンとバアチャンは顔を涙でグチャグチャにしてコマッタちゃんを抱きしめてあげたそうです。

Image02 ←左から3番目がハルヒ

さて、明後日はいよいよ第1回神戸マラソンということで、本日はランナー受付に。

やはり、大阪、東京などと比べると盛り上がりに欠ける感は否めませんが、主催者側は神戸独自のイベントをと工夫してるみたいです。

そのうちの一つ、ファッションの街・神戸をアピールしようと、神戸ファッションウィーク実行委員会と連携して「おしゃれランナー賞」なる特別企画を実施。

実際にレースを走る格好で写真撮影してもらい、審査してもらうんやけど、先着でボディーペインティングなんかもしてくれるということで、10時スタートの受付を9時から並んで描いてもらったのがコレ
Image1251

わかりにくいけど、真っ赤な蜘蛛の巣にゴールドの蜘蛛

ホントは顔にメイクしてもらいたかってんけど、さすがにそれで仕事出来へんし

有森裕子さんとも写真撮影してもらったり、すっかりミーハーランナー

Image1261 ←撮影を有森さんのマネージャーさんに頼んだら、光が入っちゃいました

当初雨模様だった天気予報も、回復傾向のようで、ズボン付カッパを用意したものの必要なさそう

3週間前の大阪のように「ガス欠」にならないよう、エイドの食べ物を頬張りながら、港町神戸を楽しんできたいと思います。

Image1231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

マンポケイ~!

大阪マラソンの余韻がなんとも心地いい週明け。

知り合いのランナーと顔を合わす毎に、みんなの口から異口同音に発せられるのは「西成の応援が一番最高やった~」の声

走った者にしかわからんやろうけど、ホントに最高でした。

それにしても早朝から自分のためにわざわざ駆けつけてくれた、ミエちゃん、カヅ、オカリン、ユキちゃん、ヨウコに田島さん、チャバンにkengoさん、クリちゃん、そして最後の最後に居てくれたウツボちゃん、ホンマに有難う。あらためて皆さんのお陰だと感謝しています。

(あっ、大国町に居てたウチのオカンもアリガトウ)

我ながらビックリしたのは、あれだけの大観衆の中から、何人もの知った顔を見分けられた事。中には20年位前に会社でアルバイトしていた女の子を、それ以来会っていないにもかかわらず、向こうも自分に気付いてお互いに手を振ったり、その昔、近所に住んでいたオバチャン一家が家族で応援している姿などなど。

最近では10分前の事も「なんやったかな?」と物忘れが激しくなっていたのに、こんな大勢の中から即座に顔と名前が一致するって、人間てやっぱりすごいなぁと変に感心しています。

早くも神戸マラソンの案内が届き、篠山マラソンのエントリーも開始。年明けの大阪実業団駅伝の申し込みなど、まさにランニングシーズン突入の感。

社内では健康保険組合の50周年記念事業として、万歩計で歩数を一ヶ月記録する健康プログラムが開始。生まれてはじめて万歩計をつける自分ですが神戸マラソンではどれくらいの数値がでるのか今から楽しみです。

Image1051

11月に突入し、年賀はがきが発売開始なのに最高気温が24℃というのは???やけど、今年も残すところ2ヶ月、悔いのない1年にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »